税理士の選び方

税理士はただ税金関連の知識を持っているだけでは役不足です。企業が開業するときに携わり、その後も顧問契約を結んでいくことを想定すると会社運営についての知識もしっかりと持っている人を選ぶことが望ましいです。最近では会社設立を専門に取り扱っているという税理士事務所も増えています。そこで、そのような事務所を選ぶというのも一つの方法です。

特に資金調達についての項目というのは税理士の試験科目にはない項目であり、税理士自身の知識や経験が問われます。そこで、事前に資金調達についての相談をして融資がどこからどのくらいできるのかという見立てをしてもらうと税理士の実力を見極める参考になります。それ以外にも会社経営についての知識を聞いてみて知識があるかの確認をすること、自分たちと同じような価値判断をしているか、ということを確認してみると税理士選びの参考になります

相談料も選ぶ際の重要な要素になります。やはり少しでも相談料が安い方が会社経営時には役立ちます。ただ、相場として人気の高い税理士は相談料も高いです。そのため、費用と人柄、知識、といったことから総合的に判断するようにしましょう。

男性中には新人や新たに開設したばかりの税理士事務所の場合には破格で相談に乗ってくれることがあります。新人だからと不安に感じる人もいますが、新人だからこそ熱心に対応してくれ不明点についてもしっかりと調べて返答をくれるということもあります。このような税理士や事務所は経験を積みたい、実績を作りたいということもあり破格で対応してくれることもあるので、経験がないからと最初から候補から外すのではなく面接をしてから検討する価値は十分あります。


税理士への相談事項

税理士への相談というのは無料ではありません。顧問契約を結んでいれば毎月顧問契約料を支払っています。そこで、支払っている相談料に見合った仕事をしてもらえるよう、きちんと自社の担当してもらう税理士は慎重に選ぶべきです。

税理士は企業にとって経営のオブザーバーであり、困ったときには相談に乗ってくれるとても重要な存在です。ただ書類作成をしてくれるのではなく親身になって相談に乗ってくれ的確なアドバイスをくれる人、自分たちの企業理念や経営理念に同意し同じ目線で見てくれる存在を選ぶ必要があります。もしもやり取りをしていて首をかしげる場面があればほかのひとに依頼することも検討してみましょう。

握手業務をしている中で税理士とトラブルというのはいろいろとあります。相談をしてもそのレスポンスが遅かったり、税務申告の直前で突然納税額を提示して金策に苦戦したり、顧問契約を結んでいるのに相談になかなか応じてくれなかったり、といったこともあります。そこで、きちんと依頼をして成果の出る税理士を選ぶことが重要です。

顧問契約を結ぶべき税理士はただ税務業務の書類作成をしてくれるだけではありません。税務に関する知識から節税についてのアドバイスをくれたり経理のアドバイスをしてくれたり年間スケジュールを考えて早いうちから必要書類やかかる経費のシミュレーションを立ててくれたりする人が望ましいです。そこで、顧問契約を結ぶ前にこの辺りのこうもくについて相談をしてみて的確な答えをもらえる税理士は信頼して仕事を任せることができることが多いです。

**関連情報**
税務顧問サービス:税理士法人アディーレ会計事務所


会社設立の大変さ

税理士が会社設立に携わるケースが増えています。昔は会社設立となると資本金の準備やオフィスとなる物件探し、必要書類の準備と行うべき業務のすべてを自分たちで行う業務もとても多く、かなりの負担となっていました。しかし、最近では昔よりも様々な面で負担が軽減されており、独立開業しようと検討する人が増えています。

オフィス長引く不況から終身雇用制も崩壊していますし、給与もずっと同じように受け取ることができるとは限りません。さらに、オフィスとして借りる物件もレンタルオフィスのようなリーズナブルに借りられる物件が出てきて初期費用も抑えられるようになっています。そこで開業して働くことを検討する人も増えており、昔よりも手続きが進めやすいということを聞いて会社設立をすることを検討する人も多いのです。

ただし、昔よりも設立にかかる経費や手続き書類が減ったといっても簡単なことではありません。そして開業してもその後きちんと企業として活動することができるかということの見立ても必要です。そこで開業するにあたって設立前に税理士に相談をしてこれからの会社設営に向けての準備、マネジメントプランについての相談といったことをしてから始めることが望ましいです。

多くの人が会社を設立して軌道に乗ってから確定申告や給与計算のために税理士への相談をすることを検討しますが、実際にはそれよりも早く設立前から相談をするべきです。開業時には費用があれこれとかかるので経費を抑えたいという気持ちがあるものですが、税理士への相談は経費として削るべき項目ではないのです。


税理士の仕事

税理士というのは個人や中小企業の税金にかかわる業務のサポートを行うのが仕事です。税金というのはとても複雑で素人ではわからないことがたくさんあります。そこで、税金のプロフェッショナルである税理士がかわりに必要な業務を行ってくれるのです。

税務署税理士の主な業務として、税務代理、税務書類、税務相談というのがあります。税務代理が納税者の代わりに税金の申告を行うこと、税務書類が税務署に提出する書類の作成をすること、税務相談というのが確定申告の際税金に関する相談を受ける業務のことです。一般的にはサラリーマンとして働いている人は会社がこのような手続きを行ってくれます。しかし、自営業の人やフリーランスとして働いている人などは自分で書類の作成や申告をすることが必要であり、その際自分ではわからない点を相談したり、不備がないように確認をしたりということをお願いするために税理士に相談をします。

特に企業というのは税金の未払い等の不備があると信頼関係にかかわってきます。たとえ不備で申告漏れがあったとしてもほかの人たちは企業の利益を出すために申告をしないようにしたのではないかと疑ってしまうものです。信用を失墜させないように、そして後から必要以上に支払いをしないようにということで税理士の人に入ってもらい確定申告のための書類を作成したりそれ以外の税務書類についても確認をしてもらったりしています。

税理士は個人の相談にも応じますが、このように企業の相談にも応じています。最近では企業で税務相談以外にも会社設立のための書類手続きの代行、会計や経営計画といったものにも携わるため顧問契約を結んで業務にあたっているという人も増えています。税理士は企業が健全に運営するため、利益を出すために大事な役割を担っているのです。