税理士の選び方

税理士はただ税金関連の知識を持っているだけでは役不足です。企業が開業するときに携わり、その後も顧問契約を結んでいくことを想定すると会社運営についての知識もしっかりと持っている人を選ぶことが望ましいです。最近では会社設立を専門に取り扱っているという税理士事務所も増えています。そこで、そのような事務所を選ぶというのも一つの方法です。

特に資金調達についての項目というのは税理士の試験科目にはない項目であり、税理士自身の知識や経験が問われます。そこで、事前に資金調達についての相談をして融資がどこからどのくらいできるのかという見立てをしてもらうと税理士の実力を見極める参考になります。それ以外にも会社経営についての知識を聞いてみて知識があるかの確認をすること、自分たちと同じような価値判断をしているか、ということを確認してみると税理士選びの参考になります

相談料も選ぶ際の重要な要素になります。やはり少しでも相談料が安い方が会社経営時には役立ちます。ただ、相場として人気の高い税理士は相談料も高いです。そのため、費用と人柄、知識、といったことから総合的に判断するようにしましょう。

男性中には新人や新たに開設したばかりの税理士事務所の場合には破格で相談に乗ってくれることがあります。新人だからと不安に感じる人もいますが、新人だからこそ熱心に対応してくれ不明点についてもしっかりと調べて返答をくれるということもあります。このような税理士や事務所は経験を積みたい、実績を作りたいということもあり破格で対応してくれることもあるので、経験がないからと最初から候補から外すのではなく面接をしてから検討する価値は十分あります。