税理士への相談事項

税理士への相談というのは無料ではありません。顧問契約を結んでいれば毎月顧問契約料を支払っています。そこで、支払っている相談料に見合った仕事をしてもらえるよう、きちんと自社の担当してもらう税理士は慎重に選ぶべきです。

税理士は企業にとって経営のオブザーバーであり、困ったときには相談に乗ってくれるとても重要な存在です。ただ書類作成をしてくれるのではなく親身になって相談に乗ってくれ的確なアドバイスをくれる人、自分たちの企業理念や経営理念に同意し同じ目線で見てくれる存在を選ぶ必要があります。もしもやり取りをしていて首をかしげる場面があればほかのひとに依頼することも検討してみましょう。

握手業務をしている中で税理士とトラブルというのはいろいろとあります。相談をしてもそのレスポンスが遅かったり、税務申告の直前で突然納税額を提示して金策に苦戦したり、顧問契約を結んでいるのに相談になかなか応じてくれなかったり、といったこともあります。そこで、きちんと依頼をして成果の出る税理士を選ぶことが重要です。

顧問契約を結ぶべき税理士はただ税務業務の書類作成をしてくれるだけではありません。税務に関する知識から節税についてのアドバイスをくれたり経理のアドバイスをしてくれたり年間スケジュールを考えて早いうちから必要書類やかかる経費のシミュレーションを立ててくれたりする人が望ましいです。そこで、顧問契約を結ぶ前にこの辺りのこうもくについて相談をしてみて的確な答えをもらえる税理士は信頼して仕事を任せることができることが多いです。

**関連情報**
税務顧問サービス:税理士法人アディーレ会計事務所