税理士の仕事

税理士というのは個人や中小企業の税金にかかわる業務のサポートを行うのが仕事です。税金というのはとても複雑で素人ではわからないことがたくさんあります。そこで、税金のプロフェッショナルである税理士がかわりに必要な業務を行ってくれるのです。

税務署税理士の主な業務として、税務代理、税務書類、税務相談というのがあります。税務代理が納税者の代わりに税金の申告を行うこと、税務書類が税務署に提出する書類の作成をすること、税務相談というのが確定申告の際税金に関する相談を受ける業務のことです。一般的にはサラリーマンとして働いている人は会社がこのような手続きを行ってくれます。しかし、自営業の人やフリーランスとして働いている人などは自分で書類の作成や申告をすることが必要であり、その際自分ではわからない点を相談したり、不備がないように確認をしたりということをお願いするために税理士に相談をします。

特に企業というのは税金の未払い等の不備があると信頼関係にかかわってきます。たとえ不備で申告漏れがあったとしてもほかの人たちは企業の利益を出すために申告をしないようにしたのではないかと疑ってしまうものです。信用を失墜させないように、そして後から必要以上に支払いをしないようにということで税理士の人に入ってもらい確定申告のための書類を作成したりそれ以外の税務書類についても確認をしてもらったりしています。

税理士は個人の相談にも応じますが、このように企業の相談にも応じています。最近では企業で税務相談以外にも会社設立のための書類手続きの代行、会計や経営計画といったものにも携わるため顧問契約を結んで業務にあたっているという人も増えています。税理士は企業が健全に運営するため、利益を出すために大事な役割を担っているのです。